お子様は、「わきが」に悩んでいませんか?
最近「わきがの手術は未成年でもできますか?」という相談が増えています。
お子様のわきのにおいを心配する親御様からのご相談もあれば、未成年の方ご本人が相談をしてくるケースもあります。わきがは、わき毛が生え始める時期に発症し、成長とともににおいが強くなるというのが一般的でした。しかし近年では、食生活の変化などにより、若年でのわきが発症率が増えているのです。
わきが自体は生理的な現象であり、病気ではありません。しかし、日本人はにおいに敏感であり、わきがなどの体臭も嫌われる傾向にあります。そのため、においが原因でいじめや不登校になるケースも少なくないのが現状です。
また、多感な思春期にわきがが発症し、家族にも相談できず1人で悩みを抱えてしまう場合も見うけられます。
わきがは適切な治療で治ります。精神的負担を抱えてしまう前に、一度当院へご相談ください。

どうしてわきがになるの?

「わきが(ワキガ、腋臭症)」とはわきからにおいがする状態のことをいいます。 わきの下には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺という2種類の分泌腺、そして皮脂腺があります。
アポクリン汗腺から分泌される汗自体は無臭です。しかし、その汗が、皮脂腺から分泌された脂肪分や、エクリン腺から分泌された汗と混ざり、それが細菌により分解されてにおいを発します。また、エクリン腺から汗 が多量に出る「多汗症」を併発している場合も多くみられます。

わきがが原因の深刻な問題

わきがの大きな問題は、わきが自体の問題よりも、においに関して悩むあまりうつ病や対人恐怖症などを併発してしまうケースが多いことです。
また、実際にはわきがではない、あるいはすでに治療を受けて完治しているにも関わらず、「自分のわきはにおう」と思い込み、病院を転々としてしまうケースもあります。

わきがは保険適応で治療できます

豊富な症例実績を持つ銀座ファインケアクリニックでは、他院でわきが治療をしたけど、まだ臭いや汗が気になるという方や、わきが対策のデオドラント製品などが効かないなどの方々に、片ワキ約17,500円 両ワキ約35,800円(3割負担の方)という少ない負担でわきが治療を行っております。

皮弁法について保険適応

わきの真ん中をしわに沿って数センチ切開し、直接汗腺を取るという方法です。腋臭症に対する治療効果は最も高く、また多汗症の治療としても効果があります。局部麻酔をしますので、痛みはまったくありません。
STEP.1

局部麻酔の後、目立たない皮膚のシワに沿って、2~3cm切開します。

STEP.2

ひとつずつ丁寧にアポクリン腺を除去します。

わきがは安心して受けられる治療です

当院ではこれまで7,500件以上の腋臭症の保険診療の手術を行ってきました。
多くの患者様がご心配なさるのが治療の効果とその傷跡についてです。
まず、効果についてですが「高額な自由診療の方がより高い効果が望めるのでは?」との質問を良く受けますが、その心配はございません。直視下に臭いの元となるアポクリン汗腺を確認しながら手術を行うので確実な除去が可能です。
また傷跡についてですが、わきの下は体質にもよりますが傷跡が残りにくい部位となります。